ウェディングプランナーとは

ウェディングプランナーとは

結婚が決まれば結婚式や披露宴はどうするかが、次の課題になってきます。しかし、どのような段取りで進めていけばいいのか、わからないことだらけという人が多いのではないでしょうか。そのような二人のよき相談役になってくれるのが、ウェディングプランナーです。

 

 

 

ブライダルコーディネーターともウェディングディレクターとも呼ばれていますが、いわば結婚関連のことを熟知しているプロという訳です。通常、結婚式が行われるホテルや結婚式場などに社員として所属しているケースが多く、そこを訪れる結婚予定者の相談に乗ることが業務になります。

 

 

 

当日の衣装はどうするか、招待者はどれくらい予定しているか、料理の内容や段取りなどどうするか、等々が相談の中身になりますが、二人の要望を取り入れながら、如何にしたらベストな結婚式と披露宴が出来るかをアドバイスしていきます。

 

 

 

同時に二人のサポーター的な役割も果たすことが求められます。二人にとって結婚式は期待感もあるが、不安感もあるものです。その気持ちを汲み取り後押ししてあげるのも大事な仕事といえます。プランナーになるにはこれといった資格や免許は必要ありませんが、結婚に関する幅広い知識が求められます。必須ではありませんが、結婚関連の知識を身につけるため、認定を受けるのもいいかもしれません。

 

 

 

そのための学校もあるのでそこで勉強するのも一考です。それから、お客様とキチンとした対応ができるコミュニケーション能力が必要になるのは言うまでもありません。加えて人の世話を焼くことが苦にならない、人が幸せになることが心から嬉しいと思える人であれば、この仕事に最適といえます。