ブライダルフェアに男が行きたがらない訳とは

ブライダルフェアに男が行きたがらない訳とは

結婚を前提としたカップルを対象に、ホテルや結婚式場などでは、このところブライダルフェアを開催し誘客に一生懸命です。これに対し女性の側は積極的ですが、男性の側はどうも消極的な傾向があります。

 

 

 

結婚を渋っている訳ではないと思うのですが、なぜ参加しないのか理由を知りたいものです。そんなこと知ったところで何がどうなるというのだ、おせっかいにもほどがあるとお叱りをちょうだいするかもわかりませんが、勝手に推測してみたいと思います。考えられる理由その一は、多くの男性が結婚をゴールインと解釈していることが上げられます。

 

 

 

別な言い方でいえば「結婚は人生の墓場である」でしょうか。だから、結婚式なんて形式に過ぎないからどうでもいいとまではいわないが、彼女の好きなようにすればいいというのが本音のところではないかと推測する次第です。結婚はある意味青春の終焉かもしれません。そういえばこんな名言もあります。「愛は結婚の夜明けであり、結婚は愛の日没である」(フィード)要するに結婚はゴールインと捉えているので、決まった途端もう終わったのであり、セレモニーには余り意味を見出さないというのが男の言い分という訳です。

 

 

 

なお、このことはあくまでも当方の勝手な推測にすぎません。あなたの彼がこうであるとは申しておりませんので、くれぐれも参考程度にフランクに読んでください。次に考えられる理由は本当に仕事が忙しい。或いは今のご時世では仕事を何よりも優先したいと考えているから、ということが上げられます。結婚の前に仕事でしくじり首になったとあってはシャレにもなりません。これほど昨今は厳しい情勢にあるといいたいのです。

 

 

 

というようなことを推測してみましたが、当たらずとも遠からずでしょうか、それとも全くのあてはずれでしょうか。