結婚式場の選び方

結婚式場の選び方

結婚式場を決めるには、どのような挙式をするかを先に決める必要があります。それと披露宴をするのか、するとしたらどれくらいの規模でどのような内容で行うのかなど、ある程度のことを決めてから会場探しをした方が合理的です。

 

 

 

結婚式のスタイルは様々で、日本の伝統的かつ代表的なものといえば神前式があげられます。神社で両家の方々も参列して、三々九度の盃を交わしたりするのが一般的ですが、最近ではホテル内に神殿が設営され、宮司が出張してきて式を執り行ってくれる所が増えています。このスタイルだと披露宴まで移動なしで行うことが出来るということで便利です。

 

 

 

神前式以外では教会で式を挙げる人も多くなってきました。やはりバージンロードをお父さんにエスコートされて歩くのは人気があるようです。それと神父の前で誓いのキスと指輪の交換をするのが、おごそかでいいのかもしれません。また、このスタイルだと二人ないし少人数で、式だけで済まそうというカップルには持って来いといえます。しかし、たくさんの人に祝ってもらいたいとなれば披露宴もしたほうがいいでしょう。

 

 

 

となると移動のことも考えると、同じ場所で行う方が合理的です。そのことを考え、チャペルがあって神父さんにも来てもらえるホテルもたくさんありますので心配いりません。それから日本の伝統的なスタイルといえば、仏前式もあります。家の仏壇に向かいご先祖様に婚姻のご報告をするのが主になりますが、そのまま披露宴という流れになるか、場所を改めて披露宴を行うかを決めておく必要があります。

 

 

 

神も仏もキリストもいらない、もっと簡単に済ませたいということであれば、人前結婚式がいいでしょう。披露宴と同じ場所で、招待者の皆様を前に夫婦の誓いを交わしたり、指輪の交換をしたりするもので、これだと堅苦しさがないのがいいと思います。色々なスタイルの結婚式がありますが、どれにするかを決めることが先決で、それに見合う会場を選定するという流れにすべきです。