デイトを兼ねてブライダルフェアに誘い出す

デイトを兼ねてブライダルフェアに誘い出す

ブライダルフェアに参加するならやはり二人一緒がいいに決まっています。片一方だけで勝手に色々なことを決めて、後で文句を言われてはたまったものではないからです。

 

 

 

結婚が二人の合議の基で成立するならば、結婚式も二人で合議して、会場はどこにするか、どのような内容にするかなど決めた方がいいと思います。あとで喧嘩にならないためにもぜひそうすべきです。しかし、男の側には参加を渋る傾向があり誘い出すのに苦労します。

 

 

 

そこで発想を転換してブライダルフェアをデイトに置き換えてみてはどうでしょうか。そもそもデイトに食事はつきものなので、結婚式場やホテルで食事をしようと誘ってみることです。このような場所は一人ではめったに行けないのでラッキーよなどと、匂わせて誘えば成功間違いありません。それにフェアの場合は食事代が無料だったり、割引があったりしてお得になっています。

 

 

 

そのため事前予約制になっているところが多いので、その辺りは抜かりなく対処しておきたいです。食事も終わり満足した所で、式場や会場を見学したいと誘えば、消極派の彼でもいやとは言わないはずです。食後の腹ごなしを兼ねてみて回るのもいいアイデアといえます。

 

 

 

一通り見て回ったらラウンジなどで休憩し、さりげなく感想を聞きだし、二人ともいい感触を持っていれば、次はブライダル担当の人へ相談を持掛けることです。気に入らなければ別の場所を当たることにして、今夜のデイトはこれにてお開きにするだけです。このような感覚で会場をいくつか見て回れば、気に行ったところは必ず見つけることは可能です。ブライダルフェアをデイトに利用するとはちゃっかりしていますが、渋る彼を誘うにはこれしか手はないようです。