結婚式の費用を節約するには

結婚式の費用を節約するには

結婚情報誌ゼクシィによれば、2011年度の挙式披露宴にかかった費用の平均が、356万円になっています。これ以外に新婚旅行の費用とか、結婚と婚約指輪の代金、或いは結納関係の費用など加えると大変な額になります。

 

 

 

これらの費用を少しでも少なくしたいということであれば、結婚式や披露宴に手作り感覚を入れること、即ち自分でやれるものはすべて自分の手で準備するということです。自分でできることといえば、先ずは招待状の作成です。

 

 

 

業者に頼むと確かにきれいに出来ますが、その費用は1通当たり4百円から5百円はします。仮に100枚作るともうこれだけで5万円の出費になります。更に新郎新婦のプロフィールや席次表、料理のメニュー、プログラムなども手作りすれば、この分も節約可能です。

 

 

 

これらはパソコンがあればできるため、個性を生かしユニークなものに仕上げれば、逆に印象深いものになります。節約効果以外のプラスアルファの効果もあるので、むしろ手作りでやった方がいいかもしれません。更に節約できるのがウェルカムボードです。

 

 

 

プロフィールやメニューなどが手作りなので、これも手作りにした方がバランスが取れていいかもしれません。その他、節約できることといえば写真代でしょうか。式場によってはかなり多くの枚数を撮る所もありますので、最低限の枚数に留めるようにすることで節約が可能になります。

 

 

 

枚数を減らした分は友人にお願いしてデジタルカメラでどんどん撮ってもらえば、十分カバーできます。段々みみっちくなってきたのでこの辺で止めておきますが、大事なことは無駄な出費はやらないということです。