結婚費用はいくらかかるの

結婚費用はいくらかかるの

結婚関連の情報を知るならリクルートが発行している「ゼクシィ」が一番です。結婚式にかかった費用から内容など色々なことがデータ化されており参考になります。その費用ですが、2011年のゼクシィ掲載のデータは全国平均が約461万円となっています。

 

 

 

内訳は挙式や披露宴に約356万円、新婚旅行に55万円、婚約指輪と結婚指輪の合計で58万円となっています。その他結納の費用や仲人さんへの謝礼、お土産代などの費用があります。挙式と披露宴関係の費用を地域別に見てみると1番多いのが首都圏で356万円次いで長野県が355万円となっています。最も少ないのは北海道の173万円で上位の半分ぐらいしか使っていません。

 

 

 

この数字は出席者数を加味していないので、その数が多ければ当然多くなります。そこで出席者一人あたりに換算したデータをみてみると、1番多いのは富山、石川、福井の三県の6.3万円となっており、次いで首都圏と東海の5.9万円となっています。

 

 

 

注目の北海道はやはり最下位で2.9万円となっており、トップの半分ぐらいしか使っていない結果となっています。何か特殊な事情があるのか調べてみたら、北海道では結婚式の披露宴といえば会費制が常識となっているからというのがわかりました。それにしてもここまで合理的になれるとは感心します。それから入ってくるお金、即ちご祝儀の総額をゼクシィのデータから調べてみました。

 

 

 

最も多いのが九州で281.5万円、1人当たりでみると2.8万円になります。次いで岡山、広島、山口で240万円、1人当たりでは3.5万円となっています。御祝儀を見たのは結婚式にかかった費用との対比が、どれくらいになるかを知っておくのも、何かの役に立つのではと思ったからです。御祝儀を充てにしてはどうかとも思いますが、参考程度にしていただければ幸いです。