男性諸君!デート感覚でブライダルフェアに行こうじゃないか

ブライダルフェアとは

二人の愛が育まれ結婚の約束が整ったら、結納はどうするか、結婚式は、そして披露宴は、新婚旅行は、新居は等々決めなくてはいけないことが目白押しです。こんなこと面倒くさくてと、男のほとんどは一切を花嫁に任せてしまおうとする傾向にありますが、それでは折角の結婚式が盛り上がりません。

 

何とか二人一緒に結婚式まで準備を重ねて行きたいものです。そんな二人の思いをみこしてか、結婚式場やホテルでは、先ずは結婚式や披露宴を体験してもらおうと、ブライダルフェア開催している所がたくさんあります。

 

ブライダルフェアとは、簡単に言うと、式場や披露宴会場を見学したり、当日出される食事の試食や衣装の試着が出来る、いわば体験会的なことをいいます。また、会場によっては模擬結婚式などを行っている所もあり、より深く結婚式を知ってもらうと企画しています。

 

お客様目線で会場の様子を見ることが出来るので、参考になった。リハーサルとも違い気楽な感じで臨めたので式の流れを掴むことが出来てよかったとは、体験者の感想です。結婚式をどこでやろうか、未だ決めていない二人にとっては、このようなブライダルフェアは大変参考になりそうです。パンフやチラシ、ホームページだけではわからないこともたくさんあるからです。

 

それと、結婚式関連の相談に応じて上げるのもフェアの目的です。ある意味このためにフェアがあると言ってもいいぐらいです。招待者の人数をどうするか、会場のセッティングは、写真撮影や引き出物などの手配をどうすればいいか、その他関連する細かい事まで相談に乗ってあげれば、二人は安心できます。その上で予約に繋がれば会場側としては、願ったり叶ったりでしょう。もちろん二人にとってもフェアに参加したことは大収穫にちがいありません。

ブライダルフェアでチェックしておきたいこと

二人にとって晴れの舞台である結婚式を満足が行くものにするには、万全な準備が必要になります。幸いホテルや結婚式場などではブライダルフェアが開催されているので、これに参加して自分の目と耳で確かめることができます。 今回は初めて参加した場合を想定してのチェックポイントをあげてみました。先ずは式場と会場全体の様子を見ることです。大体チャペルや神殿などは問題ありませんが、気をつけなくてはいけないのが披露宴会場です。ひな壇を見るのに柱などで死角になるところはないか、あるとしたらどのような工夫が出来るかなど、お客様目線で見ることが大事です。 折角たくさんの御祝儀をだして参加したのに、終始柱ばかり見せることになったとあってはお客様に失礼です。これでは二人の印象もいいものとして残りません。気になった点などはその場で質問することが大事です。しかし「だから、お安いのです」と開き直られたらどうしようもないですね。次のチェックポイントは当日の食事のメニューと味見です。 大体がコースになっていますが、品数がいくつで内容がどうなっているか、詳細に聞いておいた方がいいでしょう。試食が可能であれば全く同じものを食べてみるのが、ベストなチェック法です。その上で追加すればどのような内容になるか、逆に削るにはどの品を省けばいいかなどを質問して確かめておくことも大事なことです。食い物の恨みは怖いとはよく言ったもので、食事には細心の気配りが必要です。 なぜなら出席者が結婚式を評価する最大のポイントは食事にあるからです。美味しかったイコールいい結婚式だったになっているのが実態です。次のチェックポイントは当日の衣装関係です。会場側で用意できるものとそうでないものを確認しておくことが大事です。時間があれば試着をさせてもらうこともいいと思います。

更新履歴